LINEモバイルの特徴と詳細について調べてみました。

コミュニケーションフリープランでデータ消費ゼロ

LINEモバイルでは、

  • 自社のサービスでもある「LINE
  • SNSの火付け役?でもあるつぶやき投稿「Twitter
  • 本名での登録が多く、学生時代のあの人の今もわかる「Facebook
  • 日々の美味しいご飯だけでなく、芸能人の日常も知ることができる「Instagram

年齢問わずスマホユーザーなら、大抵の方がどれかつかっているのでは?というSNSが、どれだけ使ってもカウントフリーになる!というとんでもないプランがあります。

※アプリからのアクセスだけでなく、いろいろな事情によりウェブからのアクセスをしている場合も対象になります!どのようにして識別しているのか?というと、カウントフリーかどうかを判断するのに必要最低限の情報を委託したシステムによって自動的に識別し、管理しているので実現できているのです。

(もちろん、識別するのに必要なのはIPアドレスなどの機械的な部分なので、書いたコメントの中身、画像などは必要ないため、プライバシーはしっかり守られていますよ!)

筆者自身もそうですし、様々な職場での休憩や通勤などの風景を思い出してみても、暇な時間などの過ごし方として、ネットサーフィンをしている人よりも、「ツムツム」や「モンスト」などのゲームをしているか、上記にある「SNSサーフィン」をしている人の方が多いように感じます。

みなさまもそうではないですか?

もしあてはまるなら、そのSNSの時間は全てカウントフリー。たとえ月間での速度制限の状態であってもカウントフリーは適用されるので、仕事で「LINE」などを使っている方も支障をきたしません。

 

LINEの年齢認証ができる

格安SIMの現状の問題点として、LINEの「ID検索が使えない」ということにネックを感じる、という意見があります。LINEの年齢認証ができないと、友達を検索する際に便利な「ID検索」ができません。もちろん、他の方法でも友だち追加はできるのですが、

 

例えば、

「遠く離れた友人などとFacebookで再会をしたけれど、「ID検索ができない」のでLINEの友だち追加がうまくできない。スマホのアドレス帳に登録が入っていない人なので、URLなどを送ったりするのはめんどう…」

 

現状は、大手携帯キャリアが提供する「年齢判定サービス」でLINE側が年齢認証をしているので、「年齢判定サービス」の備わっていない格安SIMは、年齢認証ができないシステムになっています。

青少年がSNSでの出会いによって、事件や被害に遭わないように設定されたルールではありますが、600社を超える格安SIM会社でもいまだに年齢認証ができない状態が続いています。

LINEモバイルは自社サービスなのでその点は問題なく年齢認証することができます!

たくさんのともだちづくりに励んでいる方や、今や仕事の連絡などもLINEでやりとりする場面もあったりと、日常生活では欠かせない存在になりつつあるSNSなので、その点は安心です。

「ID検索」をつかえば、全国どこにいる人でも、アドレス帳に入っていない人でも友だち追加が可能です。

 

docomoのスマホをそのまま使える

LINEモバイルはdocomoの回線を利用した格安SIM会社なので、docomoのスマホにLINEモバイルのSIMを挿してそのまま使うことができます

  1. docomoユーザーである
  2. バッテリー持ちなども含め、今のスマホはまだまだ使える

この2点が揃ったあなたは、今のdocomoスマホで、データ移行をすることもなく、SIMを差し替えるだけでLINEモバイルが使えてしまいます。

 

データ移行をしなくていいので、気軽に乗り換えができますし、今使っているdocomoの4Gの電波も同じなので、手軽で安心です。

お手持ちのスマホが対象端末がどうかはLINEモバイルの公式サイトで調べることができます。

 

LINEモバイルの料金

LINEモバイルには3つの料金プランがあります。

  • LINEをたくさん使うけど、他のSNSなどはあまりしない→「LINEフリープラン
  • SNSをたくさん使う→「コミュニケーションフリープラン
  • LINEミュージックに登録している→「MUSIC+プラン

それぞれにデータのみ、データ+SNS、データ+SNS+音声のプランが用意されています。

LINEフリープラン

LINEでの音声通話、トーク、画像動画の送受信、タイムラインがカウントフリー対象になるので使い放題、それに加えて1GBのデータがついたシンプルなプランです。

外ではオフラインのものや、書籍やゲーム、LINEでのやり取りが中心で、家にはWiFiがあるので、そんなにWiFiがないところでは使わない、という方にオススメのプランです。また、タブレットなどにも挿して使うことができるので、データのみだけだと500円/月で使えます。ガラケーとタブレットの2台持ちという方にもぴったりです。

他社からの乗り換えなどによる、音声付きのプランは1,200円/月なので、格安SIM業界でもかなり安い方の部類に入ります。

 

コミュニケーションフリープラン

「LINE」、「Twitter」、「Facebook」、「Instagram」での利用はカウントフリー、それ以外のデータ量が3GB、5GB、7GB、10GBの中から選べるプランです。

最初はどのプランがいいかわからないな…という方でも、もちろん3GBから5GBへのプラン変更なども可能です。

 

現在LINEモバイルで最も人気のあるプランは

データ3GB+音声通話SIM 1,690円/月

上記のカウントフリー対象があるため、他社のデータ3GBでの契約より多く使うことができ、もし速度制限になったとしてもカウントフリー対象のサービスは速度が落ちずに使うことができます。

 

LINEの公式サイトより引用しております。

SNSサービス以外にこれだけ使うことができれば、困らないな、という方も多いのではないでしょうか?

 

MUSIC+プラン

先ほどのコミュニケーションフリープランでカウントフリー対象になる「LINE」、「Twitter」、「Facebook」、「Instagram」に加え、「LINE MUSIC」でのデータもカウントフリーになるプランです。

音楽の視聴はもちろん、歌詞の閲覧や楽曲の保存、楽曲の検索などがカウントフリーの対象となり、LINE MUSIC愛用者にとっては嬉しいプランです。

※LINE MUSICの月額料金は別途発生しますので注意してください。

ちょうど学生の方には学割もあります。特に学生証などの提示はなく、LINE上で学生認証を行うことによって成立し、中学、高校、大学、大学院、短大、専門、各種学校であれば登録することができるので、当てはまる方は480円で聴き放題!業界でも最安値ではないでしょうか。

 

LINE MUSICの料金は上記の通り別途発生しますが、人気のプランは

データ3GB+音声通話SIM 2,390円/月

他社と比べるというより、LINE MUSICが好きな方にはオススメのプランです。

LINEモバイルはこんな人にオススメ!

LINEモバイルは当サイトトップページでもオススメしている格安SIM会社です。

  • 日常生活でLINEを使う場面が多い
  • TwitterやFacebook、InstagramでのSNSチェックをしている時間が多い
  • LINE MUSICにはまっている
  • 電話はあまりしない、してもLINE電話が多い

まさに3つのプランにフィットする方にオススメ!ということです。

他の格安SIM会社と比べた場合、

  • 購入できる端末のラインナップがまだ少ない
  • 通話のかけ放題プランがまだない

ということは懸念点としてあげられることだと思うので、

既にお持ちの端末がdocomoスマホかSIMフリーであれば、スムーズにLINEモバイルにチェンジできそうです!

 

まとめ

「LINEモバイル」いかがでしたか?

格安SIM会社の中でもついに彗星の如くあらわれたみんなが知ってるサービスです。

MVNOに参入発表したのは2016年9月からですので、まだまだこれからサービスやサポートは拡大していくと思われますが、今あるサービスだけでも十分に当てはまって満足できる方もいるのではないでしょうか?

 

LINEモバイルの重要ポイントをまとめると、

  • SNSがカウントフリーになるプランがある
  • LINEの年齢認証ができるので、「ID検索」ができる
  • docomoユーザーは今の端末をそのまま使える

 

そんなLINEモバイルでは、現在2つのキャンペーンを行っています。

 

2カ月連続3GBデータ増量キャンペーン

対象期間は現在から8/31(木)まで、「コミュニケーションフリープラン」、「MUSIC+プラン」に加入された方が対象になり、利用開始の翌月から2カ月間+3GB利用することができます。

例えば、5月にデータ3GBでコミュニケーションフリープランにご契約の方は、6月と7月は6GB使うことができます。どのプランに入るか迷っている方でも、まずはいちばんデータの少ない3GBプランから気軽に始めることができますよ!

 

LINEモバイルで購入できるarrows M03が今購入すると5,000円引きに

現在LINEモバイルで扱っているスマートホンでも、唯一の防水・防塵端末です。

電池も3日と長持ちし、人気のある富士通から発売しています。

ブラック、ホワイト、ピンクのうちピンクは既に在庫切れのようですが、他の色はまだ販売しています。

端末の購入も一緒に考えている方は、いかがですか?

今後も見逃せない「LINEモバイル」の公式サイトはこちらです。

もちろんこちらからウェブだけで手続きできてしまいますよ!